『Aura』を通じて知った「あたため」のすばらしさをお伝えしていきます。

おとめ・ふう・トート

こんにちは 1号大竹です 

今日は地元豊橋にある 素敵な会社の商品をご紹介したいと思います 


 それは こちらのトートバッグ
おとめトート

その名も
「OTOME FUO TOTE(おとめ・ふう・トート)」 



見た目は ただの帆布のトートバッグですが
スゴーく こだわりがあるバッグなのです。


まずは 帆布が白い綿手袋を再利用して作った
「エコ帆布」であること。

(「再生」と言うとポリエステルのような合成繊維だけかと思っていました。。。)

次に ポケットと持ち手部分には
「手織り三河木綿の刺子」を使っていること。

(おー「刺子」ですか! 
一針一針想いを込めて作っているなんて、なんかやさしい響きですね)


もちろん縫製も職人さんが一品一品 
丁寧に縫ってくれた日本製です。

(私は「職人」ということばに弱いです。カッコいい  )




素敵でしょ! 
エコですね 



このバッグを作っている会社が また素晴らしい 


日本で最初のモップメーカー 創業九十一年の老舗である日の出株式会社」です。



私はそこの現社長である松本百合子さん と
Facebookを通じて知り合い、
豊橋にそんな歴史がある会社があること、
そして この「エコ帆布」のバッグの存在を知りました。




早速私も使っています  

おとめトート外



使い心地ですか 


 「軽い」デス。
  帆布なのに 何故??っていうくらい軽い。
  これはバッグの必須条件だと思います。

 「デザイン」がシンプルで 女性らしくてステキ 
  
 手織りと刺子の風合いが和風でありながら、モダンなデザインが洋。
  一目見て気に入りました。

 「刺子」のポケットには携帯電話と鍵を入れていますが、
  斜めなので取り出しやすい。
  内側のポケットも便利です。

 私は なで肩なのでショルダーバッグはすぐに落ちてしまうのですが、
  取っ手が刺子のせいなのか 滑らないのも良いですよ。


こだわりがあって 
エコカッコイイ ものをお探しのあなた

 是非ご購入になりませんか 




ワンクリックが、心の励みになります 
今日もありがとう 
 
    
人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment