『Aura』を通じて知った「あたため」のすばらしさをお伝えしていきます。

「疲れ」残っていませんか?

私が住む 豊橋は、スッキリとした良い天気 

爽やかな風と  やさしいお日さまからの日差しが  何とも言えない心地良さ 


でも 昼間は温かく朝晩はグッと冷え込むという この温度差に体調を崩す人が多いんですよね。
  
そして 寒~い冬が近くまでやって来ています。


寒くなると どうしても体が縮こまってしまうし めぐりも悪くなって、疲れ物質も残りがち 

「最近 ガタッと体力が落ちた」「朝起きた時からもうだるい」など 「疲れ」の悩みはありませんか 

私も 忙しい毎日が続くと 集中力も落ちて、仕事の効率も悪くなってしまいます 


そこで 疲れ取りに良さそうな方法を探していた時に、ある雑誌でオモシロい記事を発見。

【疲れ取りの 常識・非常識】というタイトルで 4つの質問がありました。

 甘い物を食べると 疲れが取れる。
 動くとしんどいので とにかく休む。
 体力をつけるため 食欲がなくても食べる。
 疲れているときは バタッとすぐ寝る。

ウーん 「全部 」 

         って思った 私。


正解は 「全部 ×」 なんですよ!

 そうなのか 。。。。。


それぞれの解説を読んでみると

 甘い物を食べると 疲れが取れる。⇒ ×
盛り上がるのは一瞬だけ。
甘い物は血糖値を上昇させ、一瞬元気だと感じますが、すぐに血糖値が急降下して逆に疲れがひどくなることに。少しならOKです。

 動くとしんどいので とにかく休む。⇒ ×
軽い運動は疲れ取りに効果的。
疲れの原因のひとつが、筋肉にたまった「乳酸」。軽い運動で血流がUPすると乳酸が代謝されてなくなるので、疲れが取れます。

 体力をつけるため 食欲がなくても食べる。⇒ ×
無理食いは消化器の負担に。
消化・吸収はかなりエネルギーを使うため、体力がないと体の負担に。
無理に食べないのが○。小食にし おかゆなど消化のいいものを。

 疲れているときは バタッとすぐ寝る。⇒ ×
そのまま寝ると疲れが残る。
「疲れた~」と思ったままバタッと寝ると、逆に疲労が残ったまま。「今日はがんばった」と気持ちをポジティブにして寝ると、翌朝スッキリ。

 なーるほど 

 ~  まで すべてやっていた私も、解説を読んで 納得 

これからは 気を付けま~す 


ワンクリックが、心の励みになります 
今日もありがとう 
 
    
人気ブログランキングへ  
 
スポンサーサイト

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment